介護の仕事の現状

介護の仕事の現状と待遇改善のために

介護の仕事は大変できついとよく言われます。

 

確かに、そんなことないよ労働はとてもラクで簡単だよなどと言うつもりはありませんが、他の職種に比べて著しく大変かと言われれば、決してそんなことはありません。

 

仕事柄、お年寄りの排泄物の世話をしたりすることもあったり老人の身体を背負って身の回りの処理をしてあげることもあるので、その意味では精神的にきついと感じる人もいるかもしれません。

 

この労働で最も大切なのは、人間としての思いやりと気配りができるかどうかです。

 

それができれば、学歴や性別などはあまり関係ありません。

 

日本は3人に1人が高齢者という人口構成で、将来はさらに高齢化が進み、高齢化社会を超えて超高齢化社会になると言われています。

 

介護の担い手を増やすことは、今後の日本社会において絶対に不可欠なことになります。

 

現状の問題は、労働の内容に対してその報酬が低く設定されていることです。

 

労働のきつさに不満を訴える人は必ずしも多くありませんが、それよりも給与の低さの問題が大きいです。

 

いくら善意と優しさで職務をこなしているとはいえ、ボランティアではないので薄給のままでは続けられません。

 

まずは、待遇の改善が急務です。

 

 

介護の仕事に携わる者への適正な報酬制度の確立を望む

高齢化社会が進み、介護保険制度を利用する高齢者の数は年々増えて行きます。

 

やがて団塊の世代と言われる方々が、これらの制度を利用するのも遠くありません。

 

各地の特老や広域センターでは多くの職員がこれら福祉の仕事に携わっています。

 

末端の現場職員の方々は、あらゆる高齢者の生活のお世話をしています。

 

これは机上で語る程容易なものではなく、その業務の過酷さは他の職業と比較するにも余りあります。

 

これらは制度ができてもまだ若いですが、業務に携わる職員への報酬の低さというのが問題視されています。

 

この保険制度が今後しっかりと発展して行くためにも、報酬の見直しは急がれると思います。

 

誰もが普通に行う生活を高齢者も行います。

 

しかし高齢者が違うのは体全体の運動機能が加齢と共に低下することにあります。

 

これは外見的な運動機能だけではなく、内科的な消化機能等もそうです。

 

階段の上り下り、食事時の取り方、入浴・排便等あらゆる行動が健全な成人とは異なってきます。

 

だからこそ人の手を借りる必要があり、介護制度という社会扶助制度が必要なのです。

 

これは誰もがお世話になる可能性があります。

 

しかし、ここで働く職員への報酬が十分ではありません。

 

これは国会でも取り上げられ改正への動きが徐々にあります。

 

過酷な仕事であるからこそ、相応の報酬制度が確立されるべきだと思います。